FC2ブログ

記事一覧

食道拡張症と疑われた日の話

きーちゃんが去年命の危機に陥った時のお話です

あの日は日曜日でママがお仕事でした。

少し遅くなって帰って来たら、きーちやんがひっきりなしに咳をしてた。
パパに聞いたら今日はいつもよりもオヤツもたくさん食べたよ。大丈夫だよ。との事
でも、息子がいや、絶対におかしい。と言うのでとりあえず、いつもの病院はお休みだったので
近くの病院へ閉院間際に、駆け込み診察を受けた。
先生曰く、レントゲンで食道辺りに影がある。もしかしたら食道拡張症と言う病気かも。
と言われ、基本的に治療法は無いので後は家庭でなるべく食後に縦にして、食べ物が詰まらないように気を付けるしかないです。
とのこと。

えっ
何それ???
朝まで何も無かったのに~??
しかも、あまり長くは生きられないとまで。
目の前真っ暗でした。
とりあえず大きな病院で詳しく調べて下さいとのこと。
また、運の悪いことにいつものかかりつけの病院は次の日もお休みだったんです。
その晩、き~ちゃんはずっと、咳と吐き気(吐かない)を続けていてママも眠れないまま
次の日に大きい病院に連れて行く事はちょっとママだけでは無理だったので、もう一か所の動物病院に
連れて行きました。

診察を受けレントゲンを撮り結果は「やはり食道拡張症に間違いないでしょう
との診断。

もう絶望。仕事に行っても頭から離れず何も手につかず。
ネットで調べても余命の短いような事しか出て来ない。子供の前で大声で泣いてしまった。
それほど悲しかったです。もう何もかもどうでも良くなる感じ。

次の日まだ咳と吐き気のある、き~ちゃんをダメもとで、かかりつけの医院に連れて行った。
でも・・先生がレントゲンを見ながら頭を傾げています。

「確かに食道が広がっているんですが、何かが引っかかっているようにも見えますね。
とりあえずこのまま入院させてバリウムを何度か流し込み、レントゲンを何度か取りながら様子を見てどうしても異物のようなものが取れなかったら、内視鏡をしてみましょう。とのこと。

もうお金も無い。3か所の病院で検査ばかりして何万かかったか。それを知った
息子が自分のアルバイト代を、急いで下ろしてきて、ポンと10万渡してくれました。
本当にありがたかった。

息子もかなり憔悴していて、学校にも行く気がしない。でも行かないと。。
と夜学に向かいました。
その後
何時間経っても病院からの連絡は来なく、ママは心配で心配で。
病院が終わる10分前位にようやく電話がなり、来てください。
との事。
もう覚悟を決めて行きました。
先生の第一声

流れました。おやつが



はい?
おやつ?
「はい。おやつが食道に突っかかってました」

全身の力が抜けて膝から落ちそうでした。
「最初から、何か変だなと思って何度もバリウムで押し出そうとして、ついさっきやっと異物が流れました。もう大丈夫でしょう」

って。

も~~~~き~~~ちゃん~~

ママはどんなに心配したか~
とりあえず、良かった良かった。
二番目のお姉ちゃんに、オヤツだった。ってlineしたら。
一言「バカじゃないの」
と帰ってきた。しょんぼり

息子は夜帰り道の自電車で「よっしゃー!」って叫んだんだって。
人騒がせなきーちゃんでした。
ちなみに詰まったおやつは、薄切りの鶏肉の乾燥させたような市販のものでした。
パパもそれからは、一度にあげすぎないように気を付けるようになった。

rblog-20170415194717-00.jpg



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jukina2

Author:jukina2
はじめまして。
現在9歳のパピヨンきなこのママです(^▽^)/
思いっ切り大きく育って7キロほどある元気なワンちゃんです!
良かったらコメント下さいね(o^―^o)

スポンサーリンク

script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ペット
1550位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

832位
サブジャンルランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア